セキスイハイム東四国

  • 入居者様へ
  • お客様相談センター
  • 採用情報
  • 入居者様へ
  • お客様相談センター
  • 採用情報
入居者様へ

住まいのコラム

「季節の変わり目と体の不調」 |2022.05.15

「季節の変わり目と体の不調」

一日のうちでも気温差が激しく、選ぶ洋服も迷う季節。
7~8度以上の気温差は、要注意といわれています。
鼻水が出る、くしゃみが出るなど身体に影響が出やすく、
風邪をひきやすいため気を付けたい季節です。

また、熱中症にも十分注意が必要です。
暑さに慣れていない時期は、
身体が気温の上昇に適応できない場合があるからです。

そのため
・気温差に適応できる脱ぎ着がしやすい服装にする
・こまめな水分補給
・日差しを避ける
・運動で汗をかく
など5月から気をつけていきましょう。

これが「順応」、環境の変化に合うようにしていくということです。

私たちの目にも、その「順応」という機能があります。
暗い場所に入ると最初は見えなかったものが、
次第に見えるようになる「暗順応」。
暗い場所を抜けた時、まぶしさで見えなかったものが
次第に見えるようになる「明順応」。
明順応は40秒~1分で完了しますが、暗順応は30分~1時間かかります。

トンネルの中の照明は、暗順応に合わせた適度な明るさになっています。

家の中でも、暗い寝室に入る際にモノが見えなくてつまづいたり、
明るいリビングに入ったときに一瞬見えなくなり、
転倒しそうになったりする危険があります。
特に高齢者は、若者よりも順応に時間がかかるため、十分注意が必要です。

こうした身体の変化にも合わせた照明計画が必要になります。
・「調光」光の量の調整
・「演色」光の色見
・「グレア」高さの調整など、光源が直接目に入らない
・「明暗」どこを明るくして、どこを暗くするか
・「陰影」楽しむ陰影、邪魔な陰影

私たちのマスク生活ももう4年目になっています。
マスクをしていない人を見ると違和感を感じたりするのも、一種の順応でしょうか。
マスクのいらない生活に早く戻りたいものですが、順応には時間がかかるでしょう。