セキスイハイム東四国

  • 入居者様へ
  • お客様相談センター
  • 採用情報
  • 入居者様へ
  • お客様相談センター
  • 採用情報
入居者様へ

住まいのコラム

衣替えと空調 |2021.11.01

「衣替えと空調」

洗剤メーカーのライオンとウェザーニュースの調査では、衣替えのタイミングは、最低気温18℃と推奨しています。朝起きた際の気温がその日の洋服を決める上で、最も影響のある情報ですよね。
衣替えの時の困りごととして、シワ、臭いなどが上げられます。棚に服を詰めすぎたことや、密閉した中での防虫剤などが原因となるようで、
せっかくの秋のおしゃれの第1歩目に残念な思いをするのは嫌ですね。
今年は特に長雨でしたので、我が家では収納の中に除湿剤ではなく、除湿器を入れて強制乾燥する工夫をしました。

住宅ではエアコンでもそんな経験があるのではないでしょうか?
夏の冷房運転から一休み、そして暖房を使う時に、カビやほこり臭かったりしませんか?
においだけでなくエアコンそのものが不調になったり、動かなかったりしたら大変です。季節の変わり目の早めの試運転が大事ですね。

普段はシャワーだけの方も、湯船につかることが多くなってくるのでは。給湯器も異音やにおいなど不調のサインが出たら早めのメンテナンスや交換が大事ですね。冬場にとても楽しみなお風呂に入れないで残念な思いをする前に。半導体不足や東南アジアのロックダウンにより部品供給の遅れで品薄になっているようです。

コロナ禍で注目されたのがお風呂。温泉気分を我が家で味わうためにユニットバスの壁のデザインやヒーリング照明。肩湯、打たせ湯、ミストサウナなどの機能やマイクロバブルのシャワーでの美肌、TVや音楽の視聴ができる空間。お風呂ライフの楽しみ方はいろいろです。

この冬はラニーニャ現象が発生する見込みが高く、この冬は平年よりも寒くなり、雪の量も多くなるとの気象庁予測。

秋冬の準備をしましょう。