セキスイハイム東四国

  • 入居者様へ
  • お客様相談センター
  • 採用情報
  • 入居者様へ
  • お客様相談センター
  • 採用情報
入居者様へ

住まいのコラム

秋色インテリア |2021.11.15

「秋色インテリア」

街並みもお洋服も室内も秋の装いに。

新型コロナ第5波が収束したとはいえ、まだまだコロナの様子見が続く中、いかがお過ごしでしょうか?第6波の心配や、昨年流行しなかった分インフルエンザの流行が心配です。

おうち時間を楽しく過ごすため、お部屋も素敵な装いに変えてみませんか。カーテン、ソファーカバー、ベットカバー、クッションカバー、テーブルクロス、思い切って壁紙も大変身。まるで洋服のように。
紅葉を思わせるような、黄味がかるオレンジやイエローなどの暖色系。茶色やベージュ系のアースカラーも良く似合います。
白色を混ぜて清色トーンで仕上げるよりも、黒色を混ぜていく濁色トーン系が大人な秋冬コーデに。
さらには、LED照明で調光したり調色することで雰囲気が変わります。照明とスピーカーが一体となった器具を使用すると、音楽が天井から降り注ぐ素敵な空間になります。家を建てる時には色柄のインテリアだけでなく、空間演出のトータルコーディネートが重要ですね。

せっかく四季のある日本ですから、季節ごとに室内の装いを変えていくと、とても豊かな楽しい空間になります。昔から日本建築では襖紙に景色を描いたり、床の間の掛け軸に季節感を出したり、生け花のお供えも。
見たい景色を生け捕りしてきたように、おうちの中で外出気分を楽しむための装飾です。車や鉄道、飛行機といった移動手段がない中、雨具もさほど整っていない時代のまさにSTAYHOMEの楽しみ方だったのですね。

おうち時間が長く、急に出社を要求された会社員が、STAYHOMEの方が良かったとテレビ局の街角インタビューで語っていたのがとても印象的でした。新生活様式も慣れてくればそれが当たり前になるからでしょうか。通勤時間がないことでプライベート時間が増えたり、無駄なコミュニケーションやお付き合いが無くなったとか、個々の事情がありますね。
 
仕事の生産性が上がり、プライベートもモチベーションが高まる秋冬コーデで、おうち時間を楽しいものにしましょう。
住宅展示場はプロがコーディネートしていますので、とても参考になります。ぜひお出かけしてみましょう。